一般皮膚科について

皮膚病と上手につき合う

クリーム

皮膚は体の表面をすっぽり覆って、その内部にある大切な器官や臓器を守り、体温を調節し、また、体の水分や体液が失われないようにしています。体を正常な状態に保つ上で、皮膚はとても大切な役割を担っているのです。
そんな皮膚に生じた病的変化が皮膚病であり、実にたくさんの種類があります。
原因も様々で、外的因子によるもの、内的因子によるもの、加齢によるものなど、極めて多様です。皮膚科においても、もちろん原因を把握することは大切なのですが、まだ原因のつきとめられていない皮膚病も存在します。
治療にあたっては、簡単に治るものもありますが、根気よく気長につき合っていく必要のある慢性的な疾患も少なくありません。
適切なスキンケアと軟膏などによる外用療法、内服療法などを行うことによって、より良い状態を保ち、こうした皮膚病を上手に手なずけていくお手伝いをいたします。

思わぬ内科的疾患が見つかるケースも

「皮膚は内臓を映す鏡」という言葉を耳にされたことがおありかと思います。内臓をはじめとする体内の状態や血行の調子、ホルモンバランス、ストレスの有無などが複雑に絡み合って、皮膚の症状として現れ出て来ることが少なくないのです。
ですから、小さな皮膚疾患を検査しているうちに、思わぬ内臓疾患が見つかるケースもあります。そのため、皮膚の異常が見られたら、早めにご相談ください。

皮膚病の予防・治療

皮膚病の原因には、いろいろなものが挙げられますが、特に日常生活の過ごし方が大きな影響を与えています。脂っこいものや甘いものを食べ過ぎたり、睡眠不足やストレス過多な生活を送ったりしていると、皮膚トラブルを招きやすくなります。
バランスのとれた食生活をし、夜更かしを避けて十分な睡眠をとり、適度な運動を心がけましょう。ストレスをため込まないように、上手に気分転換を図ることも大切です。また、紫外線を過剰に浴びることも皮膚にはダメージになりますから(光老化)、日傘や帽子を利用して、日光対策を行うことも肝心です。
こうした一見あたり前のような健康上の気づかいをすることが、皮膚病の予防と治療に結びつくのです。

皮膚のことなら何でもご相談ください

皮膚病以外にも、日頃のスキンケアの悩みや乾燥、肌荒れなど、皮膚のことで少しでも気になることがございましたら、何でも遠慮無くご相談ください。丁寧なアドバイスをさせていただきます。

皮膚科の主な対象疾患

  • 湿疹
  • かぶれ
  • じんましん
  • 乾燥肌
  • にきび
  • 水虫
  • たこ、魚の目
  • いぼ
  • 虫さされ
  • 口唇ヘルペス
  • 帯状疱疹
  • しもやけ
  • 乾癬
  • 円形脱毛症
  • ほくろ
  • 水疱症
  • 爪疾患 など

代表的な皮膚症状・疾患

湿疹

湿疹は、皮膚科を受診される患者様に、とても多く見られる症状です。ブツブツや小さな水ぶくれ、赤みなどが混ざって現れ、痒いのが特徴です。
薬剤・化学物質・花粉・ハウスダスト・細菌などの「外的因子」と健康状態・皮膚の状態・アレルギーの有無などの「内的因子」が複雑に絡み合って生じると考えられます。
湿疹ついて一般に言えるのは、皮膚の「バリア機能」が外部からの何らかの刺激に負け、その結果として炎症を引き起こしている状態だということです。
湿疹は痒みを伴うことが多いため、ついつい掻いてしまいがちです。しかし、掻いて治ることは無く、むしろ掻くことによって患部を掻き壊してしまい、化膿や悪化を招き、患部が拡大してさらに痒くなる、という悪循環に陥ることが少なくありません。まずは痒みや炎症を抑える薬を上手に使って、こうした悪循環を断ち切る必要があります。
また、湿疹は、慢性化すると治りにくくなりますので、症状がしばらく続くようなら、早めに皮膚科を受診しましょう。

接触性皮膚炎(かぶれ)

皮膚に直接触れたものが原因となって起こる炎症や湿疹を、接触性皮膚炎(かぶれ)と言います。原因となる外的刺激が特定されている場合に、こう呼ばれます。原因が明らかな場合は通常、「うるしかぶれ」「おむつかぶれ」など、原因物質の名前を頭につけて称されます。植物や金属のほか、化粧品・洗剤・化学薬品など、職場や家庭環境におけるほとんどすべてのものが原因になり得るので、「使い慣れたものだから大丈夫」と考えていると原因を見落としてしまうことがあります。原因が明確でない場合は、必要に応じて「パッチテスト」を行います。パッチテストとは、原因と思われる物質を皮膚に貼りつけて反応を見る検査です。原因物質がわかったら、まずは、その物質が含まれるものに接しないように注意します。短期的にステロイド外用薬を使用し、痒みが強い場合は、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を用いて治療します。

じんましん

「蚊に刺されたような」痒みの強い、わずかに盛り上がったみみず腫れが数分~24時間以内にできては消えていく皮膚疾患をじんましんと言います。多くは痒みを伴いますが、チクチクとした痛みや、熱く焼けつくような痛みを生じることもあります。出没を繰り返すのが特徴で4週間以内に治るものを急性じんましん、それ以上の期間にわたって断続的に発症するものを慢性じんましんと呼びます。
じんましんの原因は、食べ物や内服薬、細菌やウイルスの感染など様々で、検査としては皮内反応や血液検査IgE RAST法、一般血液検査などを行います。しかし、慢性じんましんでは、原因が特定できないことが少なくありません。じんましんの治療には、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤などを使います。薬を内服すれば、多くの人は数日~数週間で症状が治まりますが、特に慢性じんましんでは再発を避けるために医師の指示に従って飲み続け、徐々に減らしていくことが大切です。

乾燥肌(乾皮症)

皮脂および汗の分泌が減少して、皮膚が異常に乾燥している状態を乾燥肌(乾皮症)と言います。症状としては痒みが強く、特に老人の下腿・大腿・背中に顕著に認められます。湿度が低下する冬季に、多く見られるようになります。
原因としては、皮脂の欠乏によって皮膚のバリア機能に障害が起こり、皮膚表面からの水分の喪失が多くなるため、皮膚が過敏になって、痒みが生じます。
住環境や入浴時間・湿度、石けん類の使用などのライフスタイルも関係してきます。
乾燥肌の治療としては、皮膚の乾燥が基本にあるため、まずは皮膚のバリア機能を回復させるためのスキンケアが重要です。入浴後は、皮膚がまだ乾かないうちに、保湿剤を万遍無く、十分に塗ると良いでしょう。皮膚炎を起こしている部分には、弱いステロイドの塗り薬を併用すると、より効果的です。痒みのせいで寝つけないような場合は、痒み止めとして抗ヒスタミン薬を内服したりします。

にきび(尋常性ざ瘡)
にきび

にきびは身近な皮膚疾患ですが、顔にできやすいため、気になる人も多いものです。
にきびの直接的な原因は、皮脂の過剰な分泌と毛穴の詰まりです。過剰に分泌された皮脂が毛穴に溜まり、この毛穴に溜まった皮脂を栄養源にして、にきびの元となるにきび菌は増殖していき、症状を悪化させます。
大人のにきびは、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、紫外線、ストレスや生活環境など、様々な要因が複雑に絡み合って生じることが多く、治りにくいのが特徴です。
治療にあたっては、にきびの種類と重症度を判断し、外用薬(アダパレン、過酸化ベンゾイル、抗生物質、イオウ製剤等)、内服薬(抗生物質、ビタミン剤、漢方薬等)などのなかから選択します。
にきびはよく“青春のシンボル”と称されますが、医学的には「尋常性ざ瘡」というれっきとした皮膚疾患です。にきびができると気分的にもすぐれず、日常生活に悪影響が及んできます。また、にきびのケアが不十分だと「にきび痕」が残ってしまうこともあります。にきび症状が現れたら、皮膚科でご相談なさるよう、お勧めいたします。

水虫(足白癬)

水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビ(真菌)の一種が足の皮膚に入り込んで発症する疾患です。白癬菌の増えやすい夏季に症状の悪化がよく見られ、足白癬は趾間型、小水疱型、角質増殖型、爪白癬の4つに分類されます。
趾間型は、足指の間の皮膚がふやけたように白く濁り、痒くなるのが特徴です。水虫のなかで一番多く見受けられます。冬は症状が治まりますが、夏になると再発し、2次的に細菌感染を併発しやすいタイプです。
小水疱型は、土踏まずや足の縁などに小さな水ぶくれが多発します。これも夏季に悪化しがちで、強い痒みを伴います。水ぶくれが破けると、皮が剥けます。
角質増殖型では、足の裏から縁にかけての広い範囲で皮膚が厚くなり、冬のほうが、乾燥でひび割れ等を起こしやすくなります。痒みを伴わないので「皮膚が厚くなっただけ」と勘違いし、水虫だと気づかないケースも少なくありません。
爪白癬は、爪にできる水虫のことです。痒みは伴いませんが、爪が黄白色に変色します。
治療は病態に応じて、それぞれ塗り薬や内服薬を使います。

たこ・魚の目(胼胝・鶏眼)

たこや魚の目は、足の特定の場所に継続的に圧力がかかって発症します。
たこは皮膚の表面の角質が部分的に肥厚したもので、痛みはありません。魚の目は肥厚した部分にさらに圧がかかって硬くなり、芯をもっているため、歩く度に刺激され、痛みが走ります。治療は、スピール膏を数日間貼付して軟らかくした後に削るのが一般的ですが、慢性的な外的刺激がくりかえされると削っても1~2か月程度で元通りになってしまいます。根本的には靴との相性や重心・歩き方を見直さなければなりません。
なお、足の裏によくできるイボの一種に足底疣贅(そくていゆうぜい)があり、これを魚の目と勘違いすることがあります。しかし、足底疣贅はウイルス性のイボであり、知らずに削って、かえって患部を広げてしまうことがありますので、こうした鑑別をきちんとつけるためにも、皮膚科への受診をお勧めいたします。

いぼ(疣贅)

いぼは、ヒトパピローマウイルスの感染によって発症するできもので(感染経路はよくわかっていません)、いじるとどんどん増える傾向があります。人から人にも、うつります。
いぼができたからと言って、自分で引っ掻いて治そうとすると、かえってウイルスを撒き散らしてしまう可能性がありますので、いぼを見つけた際は、数が少ないうちに皮膚科で相談しましょう。また、稀ながら悪性のものもあるので、それらとの見分けをつけるためにも、専門医への受診をお勧めいたします。
イボの治療法には、液体窒素療法、レーザー治療、外用治療、内服療法などがあります。

虫さされ(虫刺症)

虫さされでは、虫に刺された直後から翌日以降に、その部分が赤く腫れたり、水ぶくれになったり、しこりになったりします。特に小さいお子さんは、腫れやすいものです。
皮膚科の治療では、ステロイド軟膏を短期間外用します。腫れや痒みが強い場合は、抗ヒスタミン薬を服用します。
痒いからといって患部を掻き壊すと、とびひになったり、治りにくい痒疹(痒みのある硬くなった皮膚)になることがありますので、きれいに治すためにも、皮膚科への受診をお勧めします。

口唇ヘルペス

口唇ヘルペスの典型的な症状は、唇のまわりに赤い水ぶくれができて痒みや痛みが伴う、疲れやストレスで体が弱っている時によく繰り返し発症する、などです。この疾患の病原体は「単純ヘルペスウイルス1型」です。ヘルペスウイルスは、一度感染すると、神経細胞の中に隠れ潜んでしまいます(潜伏感染)。潜伏したヘルペスウイルスは、現在のところ退治することはできません。そして、体の抵抗力が衰えている時などに、急に暴れ始めるのです。
口唇ヘルペスの治療としては、主に抗ヘルペスウイルス薬を用います。飲み薬と塗り薬があり、場所や症状の程度などによってそれぞれ使い分けます。発疹の出る前にチクチクするなどの予兆が出ることも多く、その時点で治療を始めると、治りが早くなります。

帯状疱疹

水痘・帯状疱疹ウイルスの感染によって発症するため、水痘を経験した人にのみ、起こります。
頭部から下肢までの間の片側の一定の神経支配領域に、神経痛様の痛みを伴った小水疱が帯状に生じます。顔にできると顔面神経麻痺、内耳の障害によるめまい・耳鳴りなどが起こることがあります。
痛みに悩まされることが多く、帯状疱疹後疼痛として長い間痛みが残ってしまうことがあります。この痛みは治りにくく、それが大きな問題です。
帯状疱疹は、早く皮膚科を受診して早期に治すことが何よりも大切で、これにより帯状疱疹後疼痛の発症頻度を少なくすることが可能です。

凍瘡(しもやけ)

凍瘡とは、いわゆる「しもやけ」のことで、冷たい外気に曝された後、血行の悪くなりやすい場所、すなわち手足の指先、耳たぶ、ほお、鼻などに生じます。皮膚が赤く腫れ上がり、ひどい時には水ぶくれを起こすこともあります。痒みを伴い、入浴などにより痒みが強くなるのも特徴です。子どもに多い疾患ですが、女性では大人になっても繰り返す人が見受けられます。原因は、冷たい空気に曝されることですが、同じように寒気に当たっても、しもやけを起こしやすい人と起こしにくい人がいます。
しもやけの治療には、ビタミンEの塗り薬が使われます。症状が強い場合や、広範囲にわたる場合、冬になる度にしもやけを繰り返す人の場合などには、ビタミンEの飲み薬も有効です。しかし、しもやけでは、なんと言っても予防が大切です。しもやけになりやすい人は、冬に外出する際には、手袋、マスク、耳当て、帽子などの防寒具でしっかりと冷気を回避するようにしましょう。また、しもやけを繰り返したり、しもやけの症状が強いような方は、一度皮膚科を受診してください。

乾癬

銀白色の鱗屑(りんせつ:皮膚の粉)を伴い、境界の明瞭な盛り上がった紅斑が全身に出ます。乾癬の患者さんの大多数が、この症状です(尋常性乾癬)。
大きさ、数、形は様々で、発疹が癒合して大きな病変を形成することもあります。できやすい部位は、慢性的かつ機械的な刺激を受けやすい頭部、肘・膝、臀部、下腿などです。青壮年期に発症することが多く、多発しますが、通常、内臓を侵すことはありません。痒みは、半数くらいの患者さんに見られます。爪の変形や関節炎を伴うこともあります(関節症性乾癬)。稀ながら、発疹が全身に及ぶこともあります(乾癬性紅皮症)。
乾癬は慢性的に良くなったり悪くなったりを繰り返します。一律的な治療策は無く、患者さんの病気の程度や置かれた状況などに応じた治療法を選択することになります。

円形脱毛症

自覚症状などが何も無く、ある日突然、頭にコイン大の丸い脱毛斑が生じる疾患です。脱毛斑は一ヶ所とは限らず、多発することもあります。時には頭全体の毛が抜けたり、全身の毛が抜けることもあります。原因は成長期にある毛包(毛根を包む組織)がリンパ球の攻撃を受けて壊されてしまうからであり、毛包を標的にした自己免疫疾患と考えられています。したがって、リンパ球の攻撃が抑えられれば、元通りの毛が生えてきます。かつては、精神的ストレスが主な原因と考えられていました。確かに何らかのストレスがかかった時に脱毛が始まる人もおられます。しかし、多くは、ストレスとは関係無く発症します。円形脱毛症の頻度は、人口の1~2%と推測され、男女差は見られません。
脱毛斑の少ない場合は、ほとんどが自然に治ります。しかし、広く抜けているケースほど脱毛は長引き、数年以上にわたって続くこともあります。ただし、たとえ何年も脱毛が続いても、毛包の大元の細胞(幹細胞)は残っていますので、治療がうまく効を奏すれば、毛髪は戻ってきますし、時には自然の経過で生えてくることもあります。つまり、リンパ球の炎症が抑えられさえすれば、成長期の毛包は回復するのです。
治療法は、病気が始まってからの期間と脱毛面積などに応じて決められます。ステロイドなどの外用療法やグリチルリチンなどの内服療法、ステロイドの局所注射、脱毛部をドライアイスで冷却する方法、紫外線療法、ステロイドの内服療法などが知られています。

ほくろ(母斑)
ほくろ(母斑)

ほくろは、正式には色素性母斑と言い、皮膚の一部にメラノサイトという色素細胞が集まったものです。
ほくろは皮膚悪性腫瘍、特に悪性黒色腫との鑑別が大切です。悪性黒色腫はリンパ節に転移しやすく、進行の速いことが多いため、怖れられています。
短期間で急に大きくなったり、色が濃くなったり、色素が周りの皮膚に染み出してきたり、硬化してきたような場合は、注意が必要です。
気になるほくろが見つかったら、早めに皮膚科を受診しましょう。検査の結果、もしも悪性の疑いがあれば、手術が必要です。当院では「ダーモスコープ」という特殊な器械を使用してほくろの良性・悪性の診断を行います。

水疱症

やけどや虫さされ、感染症などのはっきりとした原因が無いのに、皮膚に水疱(水ぶくれ)を形成する疾患です。水疱症では、皮膚の基底膜(表皮と真皮の間にある、薄い網状の膜)に対する自己抗体(自分の組織に反応する抗体)が皮膚を傷害し、皮膚に水ぶくれをつくります。全身のあちこちに、痒みを伴う紅い斑点(紅斑)、大きくて厚く、破れにくい水ぶくれ、びらんなどが見られます。びらんは、時に口の中にも生じます。局所麻酔をして、患部の一部を切り取る皮膚生検を行い、診断をつけます。
治療については、中等症までの水疱症では、テトラサイクリン・ニコチン酸アミド療法という治療を行い、1~2週間ほど経過を観察して十分な効果が得られない場合は、ステロイドの内服を併用するようにします。治りにくいケースでは、ステロイドパルス療法、免疫抑制剤の内服、血漿交換療法などが行われます。
近年、水疱症の原因は少しずつ明らかになり、治療法も進歩しています。きちんと検査をして確実な診断をつけ、しっかりと治療することが大切です。

爪疾患
爪疾患

爪の病気は、爪自体の病気と、全身の病気の症状の一つとして爪の変形等の異常が見られるものの2つに分けられます。
爪自体の病気としては、爪白癬、爪カンジダ症、巻き爪・陥入爪、爪周囲炎、爪に発生する悪性黒色腫などが代表的です。各疾患に見合った、爪そのものの治療がそれぞれ行われます。
全身の病気の症状の一つとして爪の異常が見られるものとしては、心疾患や肺疾患による時計皿爪、鉄欠乏性貧血で見られるスプーン爪、感染症、糖尿病、外傷などが原因で生じる爪甲横溝などが主なものです。こうした場合は、爪自体の治療は必要無く、原因になっている内科的な疾患の治療を行います。
いずれにしても、爪トラブルを我慢していると、さらに症状が進行し、治療が難しくなるケースがあります。また、爪の変色や変形が、重篤な疾患からきているケースもありますので、早めに皮膚科で相談しましょう。

診療メニュー